読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本屋は燃えているか

ブックストアの定点観測

週間ベスト10

ランキング

総合部門のランキングです。 

f:id:tanazashi:20160214112053j:plain

八重洲ブックセンター本店調べ(11月6日~12日)

 

1「有名企業からの脱出 あなたの仕事人生が〝手遅れ〟になる前に 」冨山和彦 著(幻冬舎

人生を会社に左右されるな!!成功や幸福の尺度を会社の中ではなく自分の中に持つ―。破綻企業のエグさを実例に企業再生のトップが示す“生き方”。 

 

2「闘う! 空き家術 ―自然と闘い、人と闘い、管理・投資・リフォーム・売却で解決する」中山聡 著(週刊住宅新聞社)

不動産鑑定士一級建築士の資格を持つ著者が、実績と経験をもとに、さまざまな場面で訪れる困難の解決方法をわかりやすく伝えます。

闘う! 空き家術 ―自然と闘い、人と闘い、管理・投資・リフォーム・売却で解決する

闘う! 空き家術 ―自然と闘い、人と闘い、管理・投資・リフォーム・売却で解決する

 

 

3「ホグワーツMAP付き ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版」J.K.ローリング 著(静山社)

ハリー・ポッターと死の秘宝』での戦いから19年が経ち、父親となったハリーが2人目の子どもをホグワーツ魔法学校へと送り出したその後の物語です。

【Amazon.co.jp限定】 ホグワーツMAP付き ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版 (ハリー・ポッターシリーズ)

【Amazon.co.jp限定】 ホグワーツMAP付き ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版 (ハリー・ポッターシリーズ)

 

 

4「皇室をお護りせよ! 鎌田中将への密命」鎌田勇 著(ワック)

終戦直後、マッカーサー率いるGHQが来襲。天皇制度の存続が危ぶまれる無理難題を次々につきつける。その危機を救ったのが、「皇室をお護りせよ」と東久邇宮首相から内々の命令を受けた鎌田銓一中将。彼は米国に留学し、米陸軍で大隊長も務め、マッカーサーにも会い、そのときの米兵部下がGHQに何人もいた。軍票導入寸前の非常事態も、彼の人脈と機転で阻止。「生前退位」問題で揺れる皇室問題を考える上でも貴重な一級史料!

皇室をお護りせよ!  鎌田中将への密命

皇室をお護りせよ! 鎌田中将への密命

 

 

5「実践! 「現場営業力」強化セミナー」髙橋昌裕 著(きんざい)

優秀な支店長・営業担当者が実践しているノウハウを形式知化・組織知化し、個々の能力を最大限引き出す勝利の方程式を導出する。
現場営業力の底上げを図りたい地域金融機関の支店長・営業役席・営業担当者や、本部企画関連部署・営業企画関連部署にとって必読の一冊。

KINZAIバリュー叢書 実践! 「現場営業力」強化セミナー

KINZAIバリュー叢書 実践! 「現場営業力」強化セミナー

 

 

6「大人を磨くホテル術」高野登、牛窪恵 著(日本経済新聞出版社

「ホテルは人間力を磨く絶好の場」(高野)、「ホテルは女性を〝瞬間セレブ〟にする魔法空間」(牛窪)。ただ泊まるだけじゃ、もったいない。上手な予約の仕方、ラウンジやロビー、バーやレストランの賢い使い方、ビジネスにおけるパワーテーブルの生かし方、プライベートシーン別利用法まで、達人たちが伝授します。

大人を磨くホテル術 (日経プレミアシリーズ)

大人を磨くホテル術 (日経プレミアシリーズ)

 

 

7「やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける」アンジェラ・ダックワース 著(ダイヤモンド社

ビジネスリーダー、エリート学者、オリンピック選手…成功者の共通点は「才能」でも「IQ」でもなく「グリット」(やり抜く力)だった!

バラク・オバマビル・ゲイツマーク・ザッカーバーグ…錚々たる権威がその重要性を語り、米教育省が「最重要課題」として提唱する「グリット」の秘密を初めて解き明かした一冊!

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

 

 

8「住友銀行秘史」國重惇史 著(講談社

戦後最大の経済事件「イトマン事件」。保身に走る上司とぶつかり、裏社会の勢力と闘ったのは、銀行を愛してやまないひとりのバンカーだった。すべてを綴った手帳を公開する! 

tanazashi.hatenablog.com 

住友銀行秘史

住友銀行秘史

 

 

9「日経テクノロジー展望2017 世界を変える100の技術」日経BP

テクノロジーはどこまで進化するのか?どの分野のどれが有望なのか?人の仕事を本当に奪っていくのか?日経BP社の専門誌編集長が2017年以降を展望。ビジネスパーソンが知っておくべき100の技術の価値を解説! 

日経テクノロジー展望2017 世界を変える100の技術

日経テクノロジー展望2017 世界を変える100の技術

 

 

10「「言葉にできる」は武器になる。」梅田悟司 著(日本経済新聞出版社

バイトするなら、タウンワーク。」「世界は誰かの仕事でできている。」
トップコピーライターが伝授する、あらゆるシーンに活用できる言葉と思考の強化書! 

tanazashi.hatenablog.com 

「言葉にできる」は武器になる。

「言葉にできる」は武器になる。