読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本屋は燃えているか

ブックストアの定点観測

陣野俊史さんが選んだ今年の三冊

2016私の三冊

f:id:tanazashi:20161228120805j:plain

 

陣野俊史*1さんが選んだ今年の三冊。

 

1「BB/PP」松浦寿輝 著(講談社

 この女ならおれは愛せるかもしれない──人工知能搭載の最上級の“ヒト型擬體“を余生の伴侶として手にいれた青髭公を描く衝撃の表題作他、またいとこの姉妹と過ごした12歳の夏の夜のひとときを回想する『石蹴り』、病に倒れた旧友を見舞い「記憶」の意味について語り合う『手摺りを伝って』 など、魅惑の9篇を収録する芥川賞作家の傑作小説集。

BB/PP

BB/PP

 

 

2「野良ビトたちの燃え上がる肖像 」木村友祐 著(新潮社)

「生きてるうちは、生きなきゃなんねぇからな」怒りと希望に満ちた世界を描く問題作。河川敷で猫と暮らす柳さんは、アルミ缶を集めて生活費とキャットフード代を稼いでいる。あちこちでホームレスが増えてきたある日、「野良ビトに缶を与えないでください」という看板を見つける。やがて国ぐるみで野宿者を隔離しようとする計画が……。ほんの少しだけ未来の日本を舞台に、格差、貧困、差別の問題に迫る新鋭の力作。 

野良ビトたちの燃え上がる肖像

野良ビトたちの燃え上がる肖像

 

河川敷で暮らす人々を「野良ヒト」と呼ぶ冷血さ。ネコたちの抜群の存在感。そして人間への温かい視線で描かれた中編。

3「アメリカーナ」チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ 著(河出書房新社

 初恋の人、自分をいちいち説明する必要を感じなかった唯一の相手、彼はいまや結婚して一児の父親だ。―高校時代に未来を約束した恋人オビンゼと離れ、イフェメルはアメリカに旅立つ。彼女を待っていたのは、階級、イデオロギー、地域、そして人種で色分けされた、想像すらしたことのない社会だった。大学に通いながら職を探す毎日。やがて彼女は失意の日々を乗り越えて、人種問題を扱う先鋭的なブログの書き手として注目を集めるようになる。一方オビンゼは、アメリカ留学をあきらめ渡英するも、不慮の出来事をきっかけにナイジェリアに帰郷。不動産取引で巨万の富を得て、美しい妻や娘と優雅に暮らしている。かつての恋人たちは、いつの間にか別々の道を歩いていた。世界を魅了する物語作家による三大陸大河ロマン。全米批評家協会賞受賞。

アメリカーナ

アメリカーナ

 

 ものがたる能力に長けている小説家の筆に脱帽。恋愛と人種の物語。

*1:文芸評論家、フランス文学者。長崎生まれ。早稲田大学第一文学部日本文学科卒業、明治大学大学院フランス文学専攻博士課程単位取得満期退学。早稲田大学立教大学明治大学白百合女子大学明治学院大学非常勤講師