読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本屋は燃えているか

ブックストアの定点観測

細野晴臣さんが選んだ今年の三冊

2016私の三冊

f:id:tanazashi:20161228120805j:plain

 

細野晴臣(ミュージシャン。京都精華大学ポピュラーカルチャー学部客員教授。2008年芸術選奨文部科学大臣賞受賞)さんが選んだ今年の三冊。

f:id:tanazashi:20170103130845j:plain

1「武満徹・音楽創造への旅」立花隆 著(文藝春秋

恋愛、青春、人生から創作の秘密まで、日本音楽界の巨星に「知の巨人」が迫る、前代未聞の傑作ノンフィクション!

武満徹・音楽創造への旅

武満徹・音楽創造への旅

 

 

2「ポール・マッカートニー 告白」ポール・デュ・ノイヤー 著(DU BOOKS)

 幼少期からはじまる音楽遍歴、創作の秘密と葛藤、自らの活動を支える信念、直面する老い―。36年間におよぶ著者との対話から、素顔のポール・マッカートニーが浮かび上がる。

ポール・マッカートニー 告白

ポール・マッカートニー 告白

 

 

3「相倉久人にきく昭和歌謡史」相倉久人*1
、松村洋 著(アルテスパブリッシング)

卓抜なジャズ評論で時代を画した著者が自在に語りおろした日本ポップス文化論!

相倉久人にきく昭和歌謡史

相倉久人にきく昭和歌謡史

 

 

*1:あいくら・ひさと 1931年東京生まれ。東京大学文学部(美術史)在学中からジャズ評論を執筆。その後、ライブの司会などを通してジャズの現場に深くかかわった。1970年代以降はロックやポップスを論じ、日本レコード大賞の委員も務めた。主な著著に『新書で入門ジャズの歴史』(新潮新書)、『相倉久人のジャズ史夜話』(アルテスパブリッシング)、
『されどスウィング』(青土社)のほか、『モダンジャズ鑑賞』『ジャズからの出発』などがある。2015年没