読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本屋は燃えているか

ブックストアの定点観測

10代で読んでおきたい異常本(BRUTUS「危険な読書」)

世の中を秩序立てるあらゆる価値規範にカウンターをぶちかます「異常本」、酸いも甘いもかみ分けた通人の趣味と思いきや、そうした本は「若いうちに出会え」とはばからず語るのが荒俣宏さんと滝本誠さん。体験的読書体験の中から手に入りやすい本を選んで掲載します。(BRUTUS「危険な読書」p020~025より)

 

「戦地の図書館」モリー・グプティル・マニング著(東京創元社

第二次世界大戦中、アメリカの図書館員たちは全国から寄付された書籍を兵士に送る図書運動を展開し、軍と出版界は新しい形態のペーパーバック「兵隊文庫」を発行して、あらゆるジャンルの本を世界の戦地に送り届けた。その数、およそ一億四千万冊。本のかたちを、そして社会を根底から変えた、史上最大の図書作戦の全貌とは? ニューヨーク・タイムズ・ベストセラーの、絶賛を博したノンフィクション! 「兵隊文庫」の全作品リスト付。 

戦地の図書館 (海を越えた一億四千万冊)

戦地の図書館 (海を越えた一億四千万冊)

 

 第二次大戦中、アメリカが出征する兵士のために無料で本を配ったという「兵隊文庫」の話。「本は弾丸と同じ効果がある」とアメリカが考えていたことがわかる。

バットマン:キリングジョーク」アラン・ムーア著(小学館集英社プロダクション

最悪の一日が、幕を開ける―。アーカム精神病院からゴッサム最凶の犯罪王ジョーカーが消えた。脱獄に成功したジョーカーは、ゴッサム市警本部長ゴードンを拉致し、フリークスの集まる遊園地で、ある実験を試みる…。絶望的な状況下において、人はどこまで正気でいられるのか?そしてジョーカーを狂気に駆り立てる「過去」とは?アメコミ界の異端児アラン・ムーアが、ジョーカー誕生の秘密を暴く!!全編再カラーリングに加え、特典としてブライアン・ボランドのカバーギャラリー、隠れた名作『罪なき市民』を収録。

バットマン:キリングジョーク 完全版 (ShoPro books)

バットマン:キリングジョーク 完全版 (ShoPro books)

 

眼球譚(初稿)」著(河出書房新社

一九二八年にオーシュ卿という匿名で地下出版されたバタイユの最初の小説。本書は、著者が後に新版として改稿したものと比べて全篇にわたって夥しい異同がある。サド以来の傑作と言われるエロティシズム文学として、「球体幻想」を主軸に描き上げた衝撃作であり、二十世紀の文学史上、最も重要な異端文学のひとつとして評価され続けている。

眼球譚(初稿) (河出文庫)

眼球譚(初稿) (河出文庫)

 

「天使の爪」アレハンドロ・ホドロフスキー著 、メビウス 絵(飛鳥新社

 メビウスホドロフスキーという黄金コンビによる、エロティックな絵本。
少女がみずからの女性性を受け入れ、新たな生命体へと脱皮を遂げるまでの物語が、視覚と言語の臨界点に触れながら展開される。
その蠱惑的な幻想世界は、見る者すべてのオブセッションと化すだろう。

天使の爪

天使の爪

 

 

有害コミック撲滅!――アメリカを変えた50年代「悪書」狩り」デヴィッド・ハジュー 著、小野 耕世 翻訳(岩波書店

一九五〇年代前半のアメリカで、暴力・流血・性的シーンが少年非行を助長するという主張に世論が同調し、「有害コミック」が一掃された。コミックブックの黄金時代は一気に終焉を迎え、九百人近い原作者や作画家たちが追放され、二度と復帰することはなかった。本書は、当時の関係者に取材し、何が起こったのかを詳細に裏づけた労作。日本の悪書追放運動との関連を考察する「訳者あとがき」を付す。

有害コミック撲滅!――アメリカを変えた50年代「悪書」狩り

有害コミック撲滅!――アメリカを変えた50年代「悪書」狩り

 

「ジェローム神父―ホラー・ドラコニア少女小説集成」マルキ・ド・サド著(平凡社

トリエステナポリパレルモ──若い娘や少女たちに悪の姦計が迫る。〈サディズム〉の語源・サド侯爵の禁断の物語が、澁澤龍彥の名訳と、現代美術を震撼させる会田誠の幻想の絵巻で甦る。

ジェローム神父―ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

ジェローム神父―ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

 
ジェローム神父 (ホラー・ドラコニア少女小説集成)

ジェローム神父 (ホラー・ドラコニア少女小説集成)

 

「奇妙な論理〈2〉なぜニセ科学に惹かれるのか」著(早川書房

冷静に考えれば正気の沙汰でないニセ科学には、一種抗いがたい魅力がある。でなければ、人がここまで簡単に騙されるはずがない…性にまつわる常軌を逸した諸理論や、エセ医師を儲けさせるだけの「奇跡の医療機器」、ピラミッドに秘められた数字が語る、神秘と欺瞞に満ちた聖書考古学など、偽物とわかっていても面白すぎて目をとめずにいられない擬似科学的話題を網羅、各個撃破する名作第2弾。

奇妙な論理〈2〉なぜニセ科学に惹かれるのか (ハヤカワ文庫NF)

奇妙な論理〈2〉なぜニセ科学に惹かれるのか (ハヤカワ文庫NF)

 

「ロデリック:(または若き機械の教育)」ジョン・スラデック 著 (河出書房新社

不世出の天才にして究極の異色作家スラデックが遺した、ロボットSF最高傑作がついに邦訳。ロボットとは何なのか?ロボットと人間の差はどこにあるのか―?ときに深淵に、ほとんど無節操に、スラップスティック全開で繰り広げられる、究極のロボット・コミック・ノベル!

「美しいプランクトンの世界: 生命の起源と進化をめぐる」クリスティアン サルデ著(河出書房新社

海の浮遊者たちが、あらゆる生命をもたらした! 多様で豊かな、ときに奇妙なプランクトンの世界を、写真とともに紹介する決定版!

美しいプランクトンの世界: 生命の起源と進化をめぐる

美しいプランクトンの世界: 生命の起源と進化をめぐる

 

ラヴクラフト 恐怖の宇宙史」H.P. ラヴクラフト著(角川書店

恐怖小説の極北に怪しく光るラヴクラフトが紡ぐ壮大な幻想世界。そこにはモダン・ホラーの原型ガある。その膨大な作品群から厳選した傑作と奇才コリン・ウィルソンラヴクラフトに捧げた作品を収録した〈クトゥルー神話〉の決定版オリジナル・アンソロジー。

ラヴクラフト 恐怖の宇宙史 (角川ホラー文庫)

ラヴクラフト 恐怖の宇宙史 (角川ホラー文庫)