読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本屋は燃えているか

ブックストアの定点観測

間違いだらけのクルマ選び

クルマ関連の本が陳列されることはめったにない中で、本日登場したのがこの本。

f:id:tanazashi:20170119175509j:plain

 

「2017年版間違いだらけのクルマ選び」島下泰久(草思社

自動運転化、電動化の行く末は?
40周年を迎えた『間違いだらけ』が読み解く!

第1特集 プリウスPHVと最新ライバルたち
第2特集 スバル躍進の秘密を解き明かす
巻末特集 40周年! ゴルフGTIの現在過去未来

新企画 「今期のベスト3台」

2017年版の指摘
◎自動運転化の進歩に戦慄。もう後退はあり得ない
◎すべてが電気自動車になれば問題解決、とはならない
◎デバイスの進化に、人間の身体感覚はついて行ける?
◎完全自動運転時代のクルマ選び基準はどうなる?
◎長期展望で選択と集中。「技術の日産」に今、期待大
マツダがEV+ロータリーを検討。夢のあのクルマが実現?

幕張で開催される展示会「CEATEC」はアジア最大級の規模を誇るIT技術の国際展示会。そののトレンドが、数年前から会場を埋め尽くしていた家電製品から自動車関連の製品にシフトしています。中でも目をひくのが自動運転で、勢いづく海外のIT企業に対抗すべしとばかりに国内の自動車関連産業も出品に追われています。放送局の関心は家電の中でも映像機器にあったのですが、期待の8Kを見ても感動は湧いてきません(狭いわが家ではハイビジョンで十分満足しています。あんなデカイモニターはどんな"階級”の人が買うのでしょうかネ)。時代の変わり目を感じます。 

2017年版間違いだらけのクルマ選び

2017年版間違いだらけのクルマ選び

 

www.ceatec.com