読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本屋は燃えているか

ブックストアの定点観測

店頭を彩る「蜜蜂と遠雷」

部数の確保ができました。

f:id:tanazashi:20170126181357j:plain

 

「蜜蜂と遠雷」恩田陸 著(幻冬舎

3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」ジンクスがあり近年、覇者である新たな才能の出現は音楽界の事件となっていた。養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年・風間塵15歳。かつて天才少女として国内外のジュニアコンクールを制覇しCDデビューもしながら13歳のときの母の突然の死去以来、長らくピアノが弾けなかった栄伝亜夜20歳。音大出身だが今は楽器店勤務のサラリーマンでコンクール年齢制限ギリギリの高島明石28歳。完璧な演奏技術と音楽性で優勝候補と目される名門ジュリアード音楽院のマサル・C・レヴィ=アナトール19歳。彼ら以外にも数多の天才たちが繰り広げる競争という名の自らとの闘い。第1次から3次予選そして本選を勝ち抜き優勝するのは誰なのか?

蜜蜂と遠雷

蜜蜂と遠雷

 

取次の事情により、小さな書店にベストセラーが必要な部数配本されるとは限りません。必要な部数を確実にゲットして店頭に並べるためには、事前に注文をかけておくことが肝心です。売れ残ったら悲惨なことになりますが、ここは書店員の力量が出るところ。と、少しびびっていた書店員でしたが、今回はうまくいったケースです。店頭が圧倒的な印象になりました。

ピアノコンクールを舞台とした作品はコミックの世界ではよく目にします。「ピアノの森」「四月は君の嘘」「のだめカンタービレ」と話題作が続きます。オーケストラにまで広げると「マエストロ」、「響けユーフォニアム」なども反響を呼びました。作者の実力もさることながら活字で読む音楽の世界がテーマとして新鮮だったのでしょう。本屋大賞の行方も気になります。