読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本屋は燃えているか

ブックストアの定点観測

主人公のぶっとんだ行動が西加奈子過ぎる・文庫本 「舞台」登場

f:id:tanazashi:20170206134416j:plain

 

「舞台」西加奈子 著(講談社

29歳の葉太はある目的のためにニューヨークを訪れる。初めての一人旅、初めての海外に、ガイドブックを暗記して臨んだ葉太だったが、滞在初日で盗難に遭い、無一文に。虚栄心と羞恥心に縛られた葉太は、助けを求めることすらできないまま、マンハッタンを彷徨う羽目に……。決死の街歩きを経て、葉太が目にした衝撃的な光景とは――。

初めての海外旅行に出かけた、太宰治人間失格』を愛する主人公・葉太(29)は、ガイドブックを丸暗記してニューヨークを歩き出す物語。

取材や打ち合わせで海外に出ることが多い放送局の人たちの中には、海外経験の豊富な著者の作品を愛読する人がかなりいます。旅行中のトラブルに巻き込まれる場合も高い確率で起きます。加えてプライドが高く、災難に遭っても周りにバレないように冷静なふりをしている「人間失格」的なキャラクターも少なくない職場です。主人公の受難は人ごととは思えないところがあるのでしょうか?文庫本ランキングの5位に躍り出ました。

舞台 (講談社文庫)

舞台 (講談社文庫)