読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本屋は燃えているか

ブックストアの定点観測

誰とでも3分でうちとける ほんの少しのコツ

番組スタッフの好感度も高いタレント鈴木あきえさんの本です。「仕事で付き合いがあるから」と頼まれました。

「誰とでも3分でうちとける ほんの少しのコツ」鈴木あきえ 著(かんき出版)

「やらないで後悔するより、やって後悔したほうが、やりたい気持ちは成仏できる」と思うようになって、そこからどんどん変わりましたね。それと「相手は自分の鏡」と考えるようになったのも大きいです。たとえば、マネージャーさんの挨拶が感じ悪かったとしたら、「今日、なんか嫌な感じ…」って昔は思っていたんですけれど、「それって私が感じ悪かったんだろうな」と思うようになって、翌日から感じよく挨拶するようになりました。

入社式のタイミングもあり、自己啓発本の中でも好印象の内容です。

委託配本制度のもとでは、あらかじめ取次が決めた数の本が 配本されてきます。裏返せば書店の希望冊数が配本されるとは限らないのがこの仕組です。裏技は「著者の希望」。著者が出版社に対して「この書店に配本してほしい」と声を上げれば、特例として配本される場合があります。著者の強さを痛感しますね。