読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本屋は燃えているか

ブックストアの定点観測

週間ベスト10

ノンフィクション部門のランキングです。 

f:id:tanazashi:20160214112053j:plain

東京八重洲ブックセンター本店調べ(3月12日~18日)

 

1「応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱」呉座勇一 著(日本経済新聞出版社

室町後期、京都を戦場に繰り広げられた内乱は、なぜあれほど長期化したのか。気鋭の研究者が戦国乱世の扉を開いた大事件を読み解く。

応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書)

応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書)

 

 

 

2「儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇」ケント・ギルバート 著(講談社

中国や韓国と上手に付き合うには、まず「自己中心主義」の大本たる儒教の本質を知り、そして日本は儒教国家でないことを認識すべし!!

 

 

3「嘘だらけの日仏近現代史」倉山満 著(扶桑社)

学ぶべきはフランス革命やナポレオンではなく、マザランタレイラン、ドゴールだ!

嘘だらけの日仏近現代史 (扶桑社新書)

嘘だらけの日仏近現代史 (扶桑社新書)

 

 

4「落語家直伝うまい! 授業のつくりかた」立川談慶*1 著(誠文堂新光社

「落語も授業も仕込みが肝心」などの授業に入る前の心構えから、「授業の前にまくらを話す」「会話は聞くが9割」など誰でも今すぐに取り入れられるちょっとした・でも非常に有用な授業テクニック、そしてみんなが盛り上がる授業レク、さらに子どもウケのいい落語噺も多数掲載しています。

 

 

5「戦争の予感」上杉隆xケン・ジョセフ 著(かんよう出版)

こんなにも不吉な空気はこれまでになかった。マスコミ→独裁→戦争へ。しかし、「予感」は「杞憂」に終わらせたい。

戦争の予感

戦争の予感

 

 

 

6「ママ、死にたいなら死んでもいいよ」岸田ひろ実 著(致知出版社

27歳、長男を出産。知的障害のある子だった。37歳、最愛の夫が突然死。心の支えを失う。40歳、生存率20%の大手術。無事生還するも、下半身麻痺となり、車椅子生活に。50歳(現在)これまでの経験をもとに年間180回の講演。人々に生きる勇気を与えている。生きる力が湧く感動実話!

 

 

7「ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の大百科事典」 向山貴彦、たかしまてつを 著(幻冬舎

長い英文にもひるまない方法、完了形が楽に読める方法、一枚の絵だけで難しい動詞を覚える方法…いくら説明されても分からなかった難しい内容があっさり分かる、あらゆる「英語のひみつ」が詰まっています!

ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の大百科事典

ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の大百科事典

 

 

 

8「会話もメールも 英語は3語で伝わります 」中山裕木子 著(ダイヤモンド社

必要なのは「主語・動詞・目的語」の3語だけ! これなら話せる! だから楽しい!仕事はもちろん、日常会話にもどんどん使える!

会話もメールも 英語は3語で伝わります

会話もメールも 英語は3語で伝わります

 

 

9「今日の治療薬2017 解説と便覧」浦部晶夫、島田和幸、川合眞一 著(南江堂)

多剤併用で注意したい高齢者の薬物療法に注目し、解説に「高齢者への投与」を新設。便覧は高齢者への注意喚起マークを挿入。便覧は新規追加適応をマークと下線で差別化。配合剤の「逆引き」表記(単剤一般名から配合剤の商品名がわかる)を新設。

今日の治療薬2017 解説と便覧

今日の治療薬2017 解説と便覧

 

 

 

10「スポーツ医学検定」一般社団法人日本スポーツ医学検定機構 著(東洋館出版社)

「スポーツのケガを減らし、笑顔を増やす」
スポーツ選手、スポーツ指導者、選手の保護者、メディカル関係者など、スポーツに関わるすべての人にお届けする「スポーツ医学」の入門書。ケガを減らし、競技力向上に必須な身体やケガの知識を習得できる。
「スポーツ医学検定」2級・3級に対応した公式テキストであるとともに、今回検定を受けられないスポーツ関係者も手元に持っておきたい1冊。

スポーツ医学検定

スポーツ医学検定

 

 

*1:長野県上田市出身。慶応義塾大学卒業後、(株)ワコールに入社。 吉本興業福岡事務所所属を経て、落語立川流家元・立川談志に師事。 2000年に二つ目昇進、2005年に真打ち昇進。 9年という長い前座(修行)時代の経験をもとにした著書を いくつも出版する、ベストセラー作家でもある

ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ

八十年代のFM黄金期を支えたDJのエッセイ集登場。

f:id:tanazashi:20170327174119j:plain

 

「ラジオに恋して ぼくらのラジオデイズ1980-2016」ルーシー・ケント 著(ゴマブックス

1988年に開局したJ-WAVEの初代DJルーシー・ケント氏 の初のエッセイ本。ラジオ好き、音楽好きは、懐かしくも新鮮に当時を思い出せる秘話が満載です。巻末には、「DJ特別対談 ルーシー・ケント×ジェームス天願 ぼくたちは西麻布ではじめて出会った」を特別収録。

働く人の比率が圧倒的に多いテレビ局の中において、ラジオの仕事は少人数の場合が多いだけ自由度が高い気がします。スケジュール調整に忙殺されることも相対的に少なく、自分の仕事に割ける時間にも恵まれている気がします。

米国ラジオを聴いて育ち、音楽に目覚め、ポップスを学んで仕事にしてしまった人物の初エッセイ集です。放送の合間に書きためたブログはなんと10年分の分量があります。この蓄積が秘話の秘密なんですね。

ブログ・フレッシャーズ;) : Lucy's Blog

喋ることは聞くことであり、書くことであることがわかります。

 

 

どんな時でも人は笑顔になれる

今日登場したのがこの本

f:id:tanazashi:20170324153445j:plain

 

「どんな時でも人は笑顔になれる」渡辺和子 著(PHP研究所 

本書は200万部を超えるベストセラ―『置かれた場所で咲きなさい』の著者で、昨年末に89歳で帰天したノートルダム清心学園理事長・渡辺和子さんの図らずも遺作となった書。

2.26事件での父の死、母の反対を押し切って入った修道生活や若くして就いた学長職、つらい鬱病や難病の経験など、厳しい現実の中で学んだことをまとめた既刊著書の中から、いま改めて伝えたいことを厳選。親交のあったマザー・テレサや恩師、そして苦手だった母との思い出も交え、読みやすくまとめたものです。

<神が置いてくださったところで咲きなさい>で始まる詩も収録しました。心疲れて道に迷うとき、生きるヒントを示してくれる本です。

自己啓発本が溢れかえる昨今において、高い評価を集めた著者の遺作。ひと昔前なら、困りごとがおきると家族と相談したり、家族と疎遠な人は近所や親友、先輩など信頼できる人に相談することで励まされたり、問題を解決したものでした。啓発本がもてはやされる背景に目をやると、人の繋がりが希薄化してきた証拠なのではないかと考えてしまいます。著者は宗教家であり教育家です。「今」を大切に生きる。という姿勢が著者のバックボーンにあります。実体験に裏打ちされた語りが読者に生きるヒントを与えてくれます。

渡辺和子 名言集・ 格言│~最大級~

どんな時でも人は笑顔になれる

どんな時でも人は笑顔になれる

 

 

置かれた場所で咲きなさい

置かれた場所で咲きなさい

 

 

 

 

辻山良雄さんが薦める新刊 2017.03.26

選書

新しい本に出会うには、信頼できる選者が薦める本を手に取るのが早道です。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/tanazashi/20161010/20161010204344.jpg

 

大型書店「リブロ池袋本店」の元統括マネージャー。同店閉店後に退職し、荻窪に「Title」という自分の店を開いた辻山良雄さんが薦める本です。

http://www.aoyamabc.jp/wp-content/uploads/2016/06/bookstore2-main1.jpg

http://colocal.jp/wp-content/uploads/2014/02/tpc_don_people_023_photo07.jpg

これは発見です。普段何気なく見過ごしている風景の中にも、うわべだけのファッションにとどまらない「学びと実践」を読み取ることができます。日常生活に欠かせない食卓の上に可能性がひろがっています。本が新たな気づきをもたらしてくれるのです。

「田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」」渡邉格 著(講談社

「気づけば定職にもつかぬまま、30歳になろうとしていた。どんな小さなことでもいいから『ほんとうのこと』がしたい。初めて自分の心の奥底から出てきた、その声に従い、僕はパン屋になることを決めた」マルクスと天然麹菌に導かれ、「田舎のパン屋」へ。そこで実践する、働く人、地域の人に還元する経済と暮らしが、いま徐々に日本社会に広がっていく。ビール造りの場を求め、さらに鳥取・智頭町へ。新たな挑戦を綴った「文庫版あとがき」も収録。

パンをつくる「腐らない」イースト菌に疑問を感じ、天然麹という「腐る」世界にチャレンジした筆者の着眼と行動。経済も貨幣も「腐る」を中心にすると新たな世界が見えてくる。

http://colocal.jp/wp-content/uploads/2014/02/tpc_don_people_023_main.jpg

 

重力と恩寵シモーヌ・ヴェイユ 著(岩波書店

たとえこの身が泥の塊となりはてても、なにひとつ穢さずにいたい―たえまなく襲いかかる不幸=重力により、自らの魂を貶めざるをえない人間。善・美・意味から引きはがされた真空状態で、恩寵のみが穢れをまぬかれる道を示す。戦火のなかでも、究極の純粋さを志したヴェイユ。深い内省の跡を伝える雑記帳からの新校訂版

誰もが経験する苦労、不幸、悲しみ。自分の魂を穢すことなく生きる道を模索した言葉の数々。 

「その他の外国語 エトセトラ」黒田龍之助 著(筑摩書房

英語、ドイツ語などのメジャーな外国語ではなく、「その他」とまとめられてしまうけど、世界のどこかで使われていることばがある。それらの無数のことばとの出合いやお付き合いや別れ?を描いていくエッセイ集。役には立たないかもしれないけれど、これまで以上に外国語が好きになること、間違いなし。文庫化に際して、「十一年目の実践編チェコ共和国講演旅行記」を追加!

 書店の外国語学習コーナーに十把一絡げで置かれてしまう「その他の外国語」。ローカルな外国語に注ぐ愛情あふれる言葉の話。

週間ベスト10

ランキング

ランキングです。 

f:id:tanazashi:20160214112053j:plain

東京堂書店神田神保町店調べ(3月21日)

 

1「江分利満氏の優雅で華麗な生活」山口瞳 著(小学館

あの“昭和サラリーマン”を描いたベストセラーがいま甦る!昭和三十年代―ときは正に高度成長期!まだまだ貧しいけれど日々豊かになっていくサラリーマンの悲喜こもごもを描いた山口瞳の出世作『江分利満氏の優雅な生活』『江分利満氏の華麗な生活』。本作は作品中にも「庄助」として度々登場する長男・山口正介氏がその2冊から江分利満氏のベストセレクションを再編した。『江分利満氏の優雅な生活』は第48回直木賞を受賞。特別に長男・正介氏の解説も収録。

 

2「騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編」村上春樹 著(新潮社)

1Q84』から7年――、待ちかねた書き下ろし本格長編

その年の五月から翌年の初めにかけて、私は狭い谷間の入り口近くの、山の上に住んでいた。夏には谷の奥の方でひっきりなしに雨が降ったが、谷の外側はだいたい晴れていた……それは孤独で静謐な日々であるはずだった。騎士団長が顕(あらわ)れるまでは。

 

騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編

騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編

 

 

3「騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編」村上春樹 著(新潮社)

物語はここからどこに
進んでいこうとしているのか?

その年の五月から翌年の初めにかけて、私は狭い谷間の入り口近くの、山の上に住んでいた。夏には谷の奥の方でひっきりなしに雨が降ったが、谷の外側はだいたい晴れていた……それは孤独で静謐な日々であるはずだった。騎士団長が顕(あらわ)れるまでは。

 

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編

 

 

4「村上春樹 翻訳(ほとんど)全仕事」村上春樹 著(中央公論新社

その原動力はどこからくるのか ―― 翻訳者・村上春樹が、 70余点の訳書と、36年にわたる道程を振り返る。 訳書、原書の写真多数。 柴田元幸氏との対談もたっぷり収録。

村上春樹 翻訳(ほとんど)全仕事

村上春樹 翻訳(ほとんど)全仕事

 

 

5「東京こだわりブックショップ地図 散歩の達人POCKET 」屋敷直子 著(交通新聞社

本書は、月刊『散歩の達人』の連載で10年近くにわたりのべ150軒を超える東京近郊の書店を訪れ、店主にインタビューを重ねてきた著者による書店(ブックカフェ含む)ガイド。新刊古書問わず、個性的な書店(とその担い手)を紹介します。本屋さんが多い街のめぐり方、若手による書店プロジェクトの動向など、本好き・本屋さん好きのみならず、散歩好きの一般読者、さらには業界関係者にもぜひ読んでいただきたい1冊です。

6「介護する息子たち: 男性性の死角とケアのジェンダー分析」 著()

同居家族介護における主介護者続柄割合は娘19.1%、嫁17.3%、息子16.3%。要介護高齢者への虐待加害者続柄割合は娘16.4%、嫁5.2%、息子40.3%。息子加害者の割合がかくも高いのはなぜか。「男性=暴力的」図式を退け、老親介護という、息子としてしか存在しえない場で彼らが経験する重圧と軋轢をジェンダーの視点から分析する。

介護する息子たち: 男性性の死角とケアのジェンダー分析

介護する息子たち: 男性性の死角とケアのジェンダー分析

 

 

7「大阪的 (コーヒーと一冊) 」江弘毅津村記久子 著(ミシマ社)

どこで書くか、方言を使うか、世の中の場所は全部ローカルではないか…関西の名物編集者と作家が、怒濤の勢いで語り、綴る!大阪から、日本のローカルのあり方が見えてくる。書き下ろしエッセイ×一気読み必至の対談を収録!

大阪的 (コーヒーと一冊)

大阪的 (コーヒーと一冊)

 

 

 

8「神田神保町書肆街考: 世界遺産的“本の街”の誕生から現在まで」鹿島茂 著(筑摩書房

世界でも類例のない古書店街・神田神保町。その誕生から現在までの栄枯盛衰を、地理と歴史を縦横無尽に遊歩して鮮やかに描き出す。

 

9「禁じられたジュリエット」古野まほろ 著(講談社

もうひとつの歴史を刻む日本の全寮制高校。現政権下では退廃文学として禁書となっている「ミステリ小説」に触れてしまった女子高生6人が反省室に収監される。彼女たち「囚人役」と、同級生2人の「看守役」の計8人で、更正プログラムに参加させられることに。はじめはごく普通の友人同士だった8人は、プログラムを早く切り上げられるよう協力しあうはずだったが、次第に対立を深め状況は深刻化していく。

禁じられたジュリエット

禁じられたジュリエット

 

 

10「エコノミックス――マンガで読む経済の歴史」マイケル・グッドウィン,ダン・E・バー 著(みすず書房

世界の経済をマンガで語る、初の試み――それが『エコノミックス』。
「債務」が生じるのはなぜ? 経済はまだ成長する?
完全雇用」って何? 新しい世代の暮らしぶりは、前より良くなる?
どうして不況が続くの? ウォール街占拠運動の発端は?

エコノミックス――マンガで読む経済の歴史

エコノミックス――マンガで読む経済の歴史

 

 

 

美大生図鑑――あなたの周りにもいる摩訶不思議な人たち

f:id:tanazashi:20170325165355j:plain

 

美大生図鑑――あなたの周りにもいる摩訶不思議な人たち」 ヨシムラヒロム*1 著(飛鳥新社 

「付き合いづらいけど、根は純粋(ピュア)」

美大出身のイラストレーター・コラムニストが、
美大生の切なさや思いをリアルに描く。
思わずうなずく美大あるある73選!
オールカラー!!

〈本書より〉
◎キングオブ美大「東京藝大」
◎絵が描けなくても大丈夫?
◎ドラ息子、美大にはばかる
◎後ろ姿が二宮金次郎
◎恋人は「作品」で選ぶ
美大女子はなぜ脱ぐのか?
◎変わり者だと思われたい
◎『情熱大陸』は観るドラッグ
◎「いいね! 」が欲しい……etc.

「最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常」は放送関係者の中に少なからずインパクトを残しました。タイトルデザインやテレビドラマなどのスタジオセットや大道具と、放送には美術は描かせません。制作を担当する人の中に美大生が占める比重はかなり大きく、そんな人たちが思わず手に取ってしまった本だったからです。

「俺たちの青春が本になって売れた」というニュースは広く知れ渡り、知られざる秘境がまだまだ残されているのではないかと、探索活動が行われました。本書もその一つです。音大生は人生の展開がある程度想像できますが、美大生は読めないところが面白いのでしょう。

美大生図鑑――あなたの周りにもいる摩訶不思議な人たち

美大生図鑑――あなたの周りにもいる摩訶不思議な人たち

 

 

最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常

最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常

 

 

ヨシムラヒロムさんが『美大生図鑑 あなたの周りにもいる摩訶不思議な人たち』を出版 | 武蔵野美術大学

*1:1986年東京都生まれ。武蔵野美術大学造形学部基礎デザイン学科卒業。イラストレーター、コラムニスト、中野区観光大使、五反田コワーキングスペースpaoで週一度開かれるイベント「微学校」の校長など幅広く活動。現在、小学館@DIME「ヨシムラヒロムの勝手に宣伝部長」、学研GetNavi web「一階通信」、美大生の総合情報メディアPARTNER「コラムニストの憂鬱」を連載中。

鷺巣詩郎 執筆録

f:id:tanazashi:20170325164940j:plain

 

鷺巣詩郎 執筆録 其の1 および、壮絶なる移動、仕事年表」鷺巣詩郎*1 著(DU BOOKS)

エヴァンゲリオン・シリーズをはじめ、
大ヒットを記録した映画『シン・ゴジラ』の音楽も手がけた鷺巣詩郎
氏による初の単著がついに刊行!

その文才までをも知らしめた、これまでの雑誌連載・寄稿がついにシリーズで書籍化!
第一弾は月刊誌「bmr」で連載されていた『Studio Vibe』(全147回)の前半を収録!
連載当時の活動年表、エヴァ、父うしおそうじピープロにまつわる話題の新原稿も追加した必携の一冊です!

Bunkamuraオーチャードホールで先日開催された「シン・ゴジラエヴァンゲリオン交響楽」

f:id:tanazashi:20170325200551j:plain

その会場で販売されたのが「鷺巣詩郎 執筆録」です。劇伴作家として揺るぎない位置を占める鷺巣さんは放送関係者も注目する実力者。タイミングにあわせて目立つところに起きました。ディスクユニオンとつながりが深いDUブックスが出ているのでマニア度はマックス。売り上げも期待できます。 

鷺巣詩郎 執筆録 其の1 および、壮絶なる移動、仕事年表

鷺巣詩郎 執筆録 其の1 および、壮絶なる移動、仕事年表

 

 

・会場:Bunkamuraオーチャードホール( 東京都渋谷区 道玄坂 2-24 -1)
・公演日程:
1日目 2017年 3月 22 日(水)昼公演:13 時~ 夜公演: 18 時半~
2日目 2017年 3月 23 日(木)昼公演:13 時~ 夜公演: 18 時~

http://www.khara.co.jp/gve_symphony/

・主催:株式会社カラー

・エグゼクティヴ・プロデューサ:庵野秀明

・作曲、編総監督:鷺巣詩郎

*1:1957年東京生まれ。78年、編曲家、鍵盤奏者としてザ・スクエアのデビュー盤に参加。79年にはリーダー作『EYES』を発表。80年代からは作・編曲家として多方面で活躍。アイドル歌謡曲をはじめ、『笑っていいとも! 』の音楽や、中央競馬場の入場ファンファーレなども手がけた。90年代以降はロンドン、パリ、東京の3拠点で活動。オーケストラや合唱など大編成スコアがそのサウンドの代名詞。また現代を代表する劇伴作家でもあり『ふしぎの海のナディア』や『エヴァンゲリオン』シリーズなど庵野秀明監督との25年間以上ものコンビネーションは、世界中に熱狂ファンを持つ。『ベルセルク』『進撃の巨人』、今年大ヒット作『シン・ゴジラ』の音楽も担当した