本屋は燃えているか

ブックストアの定点観測

WWII 戦車塗装図集

f:id:tanazashi:20171215111211j:plain

 

「WWII 戦車塗装図集」
ミリタリー・クラシックス編集部(イカロス出版

第二次世界大戦の戦車・自走砲
カラー塗装図300点超を収録!


ドイツ、ソ連、日本、アメリカ、イギリス、フランス、
イタリア、フィンランドのほか、第一次大戦期も含めた
装甲戦闘車輌の塗装・マーキングをカラー図版で紹介!


数々の伝説を残したドイツのティーガー、バランスのとれた性能でドイツ軍に衝撃を与えたソ連T-34
巨大な工業力を体現したアメリカのM4シャーマンなど、第二次世界大戦では各国様々な戦車や自走砲が開発・運用された。
本書はそれらの装甲戦闘車輌の姿を豊富なイラストで再現したオールカラー図版集。
ドイツ、日本、イタリア、フィンランドソ連、アメリカ、イギリス、フランスといった運用国ごとに、
各車輌の塗装や迷彩、マーキング類も解説していく。
さらに、番外編として近代戦車が誕生した第一次大戦における戦車もカラー二面図で掲載。
戦車ファン、模型ファン必見のビジュアル資料集。

時代劇や戦争ドラマなどの世界観を再現する際に欠かせないのが時代考証という仕事です。

担当者の中にはマニア志向の人材が少なくありません。

旧ドイツ軍の軍装など、ミリタリー系の知識にかけては研究者よりも詳しいという人だっています。

 

次世代を担う人材育成のチャンスといえるのが、最近の戦車ブームです。

戦車の挙動、砲弾の衝撃など作品とマッチし、劇場版で大ヒットとなった萌えアニメ

ガールズ&パンツァー(GIRLS und PANZER) | 最終章」が公開され大ヒット。

アニメ担当の放送局員の中には繰り返し劇場に通う者まで出始めました。

塗装本の出版も、ブームの影響を計算にいれてのことでしょう。

田部井淳子 人生のしまいかた

http://miharukoma.com/wp-content/uploads/2017/03/%E7%94%B0%E9%83%A8%E4%BA%95%E6%B7%B3%E5%AD%90%E3%81%95%E3%82%93.jpg

登山家の田部井淳子さんが亡くなられて一年。

書店では故人を偲ぶ特集コーナーを立ち上げる企画をたてています。

事件事故や秘境取材など、放送局には仕事柄、山にのぼる人が数多くいます。

番組制作に携わる人も多く、田部井さんを偲ぶ企画を望む人が少なくありませんでした。 

一周忌を迎え、特集番組が放送されます。

田部井淳子 人生のしまいかた」

放送:2017年12月16日(土)

昨秋がんで亡くなった登山家・田部井淳子さん。5年間の闘病生活を親しいディレクターが100時間以上にわたって映像で記録していた。「病気になっても病人にはならない」と宣言し、抗がん剤の副作用と闘いながら国内外の山に登り続けたその姿はどこまでも前向き。大震災で被災した東北の高校生たちを引率して毎夏登った富士山では、「一歩一歩進めば必ず頂上に着く」と生徒を励まし続けた。見る人を勇気づける“終活”の記録だ。

 

オンデマンドで見たい過去の番組。

田部井淳子 最後の山へ」

2016年年10月、腹膜がんで亡くなった登山家・田部井淳子さん(享年77)。 女性として世界初のエベレスト登頂を果たすなど活躍した田部井さんにとって、 人生最後の山となったのが去年7月の富士山だった。 被災地・東北の高校生を引率し、思うように動かない身体で頂上を目指し続けた田部井さんの姿を、 同行したNHKのカメラが記録していた。 「一歩一歩進めば必ず頂上にたどり着ける」。 田部井淳子さんが残したメッセージを見つめる

放送:2017年1月7日(土)

#野口功一 「シェアリングエコノミーまるわかり」

f:id:tanazashi:20171215180238j:plain

 

「シェアリングエコノミーまるわかり」野口功一 著(日本経済新聞出版社

世界ではウーバーやエアビーエヌビーなどが既存業界のシェアを奪う形で業績を伸ばしています。日本でも旅館・ホテル業界やタクシー業界を中心に深く関心を持たれています。また、シェアリングエコノミーの利用者もうなぎ登りです。

社会を根底から変える価値観が今、急速に拡大しています。

お金は仮想通貨に変わり、クレジットカードの代わりに個人の信用が価値を持つ。

満員電車で通勤しない在宅勤務やノマドワーカーにスポットライトが当たる。

そんな社会が手の届く未来にやってきています。

中国で進む「アリババ革命」の実体をもっとマスコミは取材すべきだと思う今日この頃です。

 

少し前までは、こんな話をすると「バカじゃない」と

狼少年扱いされましたが、通信速度が4G化し、

働く環境も大きく変わる動きを見せ始めた今、

古い考えを捨てて、背伸びをして未来を見つめる機は熟しています。 

 

#萩尾望都「ポーの一族 ~春の夢~」

f:id:tanazashi:20171214175932p:plain

 

ポーの一族 ~春の夢~」萩尾望都 著(小学館

名作「ポーの一族」40年ぶりの新作続編!

不朽の名作「ポーの一族」から40年。ついに新作の続編がコミックスに!!

永遠の時を生きるバンパネラ(吸血鬼)であるエドガーとアランは、
1940年代戦火のヨーロッパ、イギリス郊外でナチスドイツから逃れてきたドイツ人姉弟と出逢う・・・

そしてその出逢いが新たな運命の歯車をまわすーーー

萩尾望都氏の最新作が「このマンガがすごい2017」で2位となったことを受けて

平積み特集コーナーが生まれました。

こうして比較すると、年月を経て変わるものと、変わらないものを楽しむことができます。

書店の読者層はこどもや学生層がすっぽりと抜け落ちています。

しかし、そこそこ動くところに作家の力量を感じます。 

 

次の震災について本当のことを話してみよう。

f:id:tanazashi:20171214172245p:plain

 

「次の震災について本当のことを話してみよう。 」時事通信社 編(時事通信社

【今すぐできること】
南海トラフ地震のような大規模災害では公的な支援は不足する。自助が基本。家の耐震化は見栄えさえ気にしなければ安くできる。
進学、結婚で新しい土地に住む時は地盤と建物を選ぶ。そんなのは無理という人も、家具だけは止める。
みんなが家具を止めれば、大震災の被害は圧倒的に減る。まずは自助の基本、耐震化と家具固定を率先する。
今すぐできることはたくさんある!

アマゾン・カテゴリー災害ベストセラー一位

痛い目に遭っても、痛い目に遭ったことは覚えているけど、痛い目の本質に向き合わない。

自分も含め、反省しきりの本といえます。

放送局がやるべきことは、集中豪雨的に大騒ぎするのではなく、

毎日のようにつぶやきながら、「関心」という「火」を消さぬようにする

「不寝番」的な役割かも知れません。

本書のように、実際に自分の周りで起きるであろう出来事に置き換えるのも一つの方法です。

「聞こえるはずの町の雑踏が聞こえなかった」「古い家屋を解体したような異臭が町全体に立ちこめていた」「トイレが使えずに下水道のフタを開けて用を足した」・・・

阪神大震災東日本大震災で現場に赴いた人から聞いた現場の様子は、

眠り描けた警戒心を揺り起こす作用があります。

 

#富増章成「超訳 戦国武将図鑑」

f:id:tanazashi:20171214162658j:plain

 

超訳 戦国武将図鑑」富増章成 著(かんき出版)

本書は、戦国武将60人の生き方を、わかりやすい解説とイラストでざっくり知ることができます。
また、戦国武将の「生き様」を、私たちが生活する現代社会に活かすことができるよう、戦国武将からのアドバイスも収録しました。
戦国時代と現代社会の生き方アナロジーという形式の本です。

あまり歴史には興味なくここまで生きてきました。

明治以前の日本語はもはや外国語としか思えないところに拒否感を感じたからかも知れません。

キャラが立つ。いわゆる人物が見えてくると歴史ががぜん面白くなることがあります。

例えば江戸時代末期に撮影された侍の写真などがそれです。

今、そのへんを歩いているようなイケメンの兄ちゃんが、その時代にもいたということが

分かった瞬間から、彼らは何を食べ、どんな暮らしをしていたのか。

腰からぶら下げた日本刀で本当に人を切り捨てたのか・・・と妄想や疑問が湧いてくるからです。

その辺を上手に掘り当てたのがこの本。

https://prtimes.jp/i/11466/76/resize/d11466-76-300773-1.jpg

戦国武将の本を書きました。
受験に役立つということではないのですが、
戦国時代に興味を持ってもらえると思います。

富増章成 ニャンコ受験の日本史

著者は「受験の日本史」をブログに上げていることから、教育関係者ではないかと推察されます。

こうした本に注目が集まり始めたのは最近の「刀剣ブーム」の影響からかも知れません。

xn--dkqp0gri91r38rn1wmlurtz.com

刀剣を題材にしたゲームに登場するイケメンキャラクターが、女子の関心を集めています。

展覧会には人気キャラクターの刀剣をひと目見ようと、泊まりがけでやってくる若い女性も現れ、

年寄の道楽として見られていた日本史の世界は様変わりしてしまいました。

刀剣を擬人化して楽しむ人たちが増えていった結果、

刀剣の持ち主である武将が再評価されるのも時間の問題だったのです。