本屋は燃えているか

ブックストアの定点観測

幸せってなんだっけ? 世界一幸福な国での「ヒュッゲ」な1年

f:id:tanazashi:20171021143716j:plain

 

「幸せってなんだっけ? 世界一幸福な国での「ヒュッゲ」な1年」ヘレン・ラッセ*1 著(CCCメディアハウス)

英国版『マリ・クレール』誌のライフスタイル担当編集者である著者が会社を辞めた。
夫の転職もあったが、まったく幸せとは思えていない自分が幸せの提案をし続けることに耐えられなくなったからであった。
結婚はしているが、子どもに恵まれていない。
後に結婚した同僚が次々産休を取っていき、心ない言葉にも傷ついていた。

https://wome.jp/uploads/content/image/21048/640111450.jpg


本当の幸せとは何かと考え続けた時に、デンマークが幸福度の高い国であることを知る。
周囲の反対を押し切って、夫とデンマークに無謀にも移住し、デンマークの幸福を調査し、自らデンマークの幸福の秘密「ヒュッゲ」を経験していたら……。

books.cccmh.co.jp

https://madamefigaro.jp/upload-files/01-hygge-voyage-vol36-171012.jpg

「ヒュッゲ」な暮らしで、幸福が舞い降りてくる。

デンマーク人はなぜ世界で一番幸せなのか?
デンマーク人はストレスという言葉を知らない?
デンマーク人は4時に帰宅?
デンマーク人は国旗を破る?
デンマーク人のキャンドルの消費量は世界一?
デンマーク人はランプになぜ凝るの?

Hygge:「ヒュッゲ」とは「心安らぐひととき」「ほっこり」という意。

マスコミの仕事はできあがった番組や記事で評価されます。制作の途中で大変な目にあっても、また逆にものすごい幸運に恵まれてもそれは評価されません。やりがいがある仕事といえばそうなのですが、成果物あっての仕事ですので働き方は不規則になりがちです。

f:id:tanazashi:20171021150402j:plain

そうした目で本書を見ると「まったく幸せとは思えていない自分が幸せの提案をし続けることに耐えられなくなった」というつぶやきは他人事ではありません。

著者のヘレン・ラッセルは幸福のための10のコツのひとつに「選択肢を減らすこと」を挙げています。買い物、趣味や仕事でも選択肢が多いことは生き方を自由にしてくれる一方で、不自由にもつながります。

自由そうに見えるマスコミの仕事は、一人親方の大工さんのようなもの。番組や記事が思うようにでき上がらないと、仕事に自分の時間を奪われ続けるのです。場合によっては他人に自分の仕事を奪われることだってあります。

たくさんの情報やモノに埋もれ、常に他人と自分を比較し、自分がまだ手に入れていないものを際限なく求め続けては疲れ、自分を見失ってしまう。それは自分が求めていたことだったのでしょうか。

コーヒーを淹れること、散歩をすること、美術館に行くこと、家でご飯を食べること、家族や友達と一緒に語り合うこと、または1日中パジャマを着てのんびりコーヒーを飲みながら読書するというような日常生活にある本当にシンプルなことが、実は最高の贅沢であり、幸福につながることを教えてくれます。


 

幸せってなんだっけ? 世界一幸福な国での「ヒュッゲ」な1年

幸せってなんだっけ? 世界一幸福な国での「ヒュッゲ」な1年

 

 

*1:英国版『マリ・クレール』元編集者。ジャーナリスト。『サンデー・タイムズ』のリサーチャーとしてキャリアをスタート。2010年に英国版『マリ・クレール』編集部へ。デンマーク移住を機に退社。現在、『タイムス』『ウォール・ストリート・ジャーナル』『Grazia』『Stylist』など世界中の新聞や雑誌に寄稿しているほか、『テレグラフ』のコラムニスト、『ガーディアン』の特派員として活躍している。

会話もメールも 英語は3語で伝わります

英会話に挫折しかけた気持ちを支え、励ます本です。

f:id:tanazashi:20171021151159j:plain

 

「会話もメールも 英語は3語で伝わります」中山裕木子 著(ダイヤモンド社

著者の中山氏は、「特許翻訳者×技術英語講師」であり、
特殊で難しい英語と日々格闘していました。

「文法的には正しい、でも伝わらない」。
そんな英語をたくさん見てきました。

英語漬けの日々を送る中、著者は1つの結論に達します。
内容が複雑であればあるほど、それに見合った複雑な英文を
組み立てるのではなく、その逆であると。

どんな複雑な文であっても、
SVO(誰かが、何かを、する)で表現することこそが、
「最も伝わる英語」であると確信したのです。

本書は、そのテクニックをあますところなく、お伝えするものです。

www.u-english.co.jp

www.u-english.co.jp

 

海外旅行で使える動詞の3位は「use」(使う)、様々な場面で使うことができます。2位は「need」(必要とする)、具合が悪くなって医者を呼んでほしい時などに使えます。それでは1位は「have」(持つ)。持つ以外にも様々な意味で使うことができるのです。

「I ??? the train」(電車に間に合う)に使うのは「make」、間に合うという意味があるのです。「??? a seat.」(お座りください)に使うのは「have」、いろんな動作に使うことができます。「主語・動詞・目的語」の3語でOK! と聞いて私にも続けられそうな気がしてきました。

ゴジラの工房

f:id:tanazashi:20171017165526p:plain

 

ゴジラの工房」若狭新一 著(洋泉社

ゴジラVSメカゴジラ』からゴジラシリーズに参加した、モンスターズ代表・若狭新一。『モスラ3』からは造形プロデューサーとして造形部門を統括。「ミレニアムシリーズ」のゴジラ像を作り上げ、世界中のゴジラファンをいまでも夢中にさせている。その造形の現場で撮影された膨大な記録写真を一冊にまとめた、永久保存版、写真で見るゴジラ制作日誌。

全国の 特撮、怪獣ファン、造形制作者のハートを熱くすること疑いなしの本です。

二十歳の頃特撮映像に心奪われた著者が37年間積み重ねた成果が結晶しています。 

 

巨大倒産

f:id:tanazashi:20171016181642p:plain

 

「巨大倒産」有森隆 著(さくら舎) 

絶頂から奈落へ、優良大企業はなぜ潰れたか!

そごう、ミサワホーム佐世保重工業、安宅産業、セゾングループ、シャープ、三光汽船大昭和製紙、タカタ。いずれも一世を風靡した「絶対潰れない会社」のはずであったが、倒産、解体へと追い込まれた。一時代を築いた社長たちは、どこで道を誤ったのか。成功への道はそれぞれ異なるが、奈落の底に落ちる軌跡は、いつの世も変わらない。巨大倒産9ケースから読み取る「失敗する社長の本質」!

さくら舎は、講談社少年マガジン編集長者だった古屋信吾取締役が、出版不況の2011年12月にスタートした出版社です。 

http://www.jpic.or.jp/event/syoudankai/docs/47sakurasya.pdf

同社の特徴は、書店に送りつけられてくる新刊本のFAXの文面が熱いこと。

余白を無駄なく使ったセールストークは、つい手に取って読みたくなるほどの情熱が込められている気がします。 

f:id:tanazashi:20171016181649p:plain

経営者の過ちをほじくり出したこの本は、正直放送関係者には遠い本です。

しかし、放送局には事務部門の人たちも働いていて、経営に関わる中堅幹部が手に取る姿を見かけます。

NYの「食べる」を支える人々

f:id:tanazashi:20171016181608p:plain

 

「NYの「食べる」を支える人々」アイナ・イエロフ 著(フィルムアート社)

この本は、個人がそれぞれ自分の言葉で自分語りをするオーラルヒストリーです。料理長もいれば、ラインコック、レストランオーナー、ナイトマネージャー、卸商、チーズのプロ、パン職人、露天商、ケータリング業者、組織の食料担当などなど。
これらの物語は、名前を覚える間もなくお店が消え、夢が破れては新しく芽生え、運命がほんとうに急旋回しうるこの食の街で、競争に追われ、先が予測できず、苛酷なことも多いけれど、総じてほぼ満足しているという彼らのその人生にスポットライトを当てています。

番組企画のネタ本になりそうな本です。

企画の出発点はなんといっても人捜し。

意外な場所で活躍する意外な人の発見は、見た人に驚きと感動をもたらします。

その人の口から語られる経験やドラマは、誰もが真似できない説得力を持ちます。

要するに、人間はほかの人間が見たいのです。

この本の仕事を見て、晶文社がかつて出版した「仕事」シリーズを店頭に並べたくなりました。 

NYの「食べる」を支える人々

NYの「食べる」を支える人々

 

 

逆境を「アイデア」に変える企画術 ~崖っぷちからV字回復するための40の公式~

f:id:tanazashi:20171013174653p:plain

 

「逆境を「アイデア」に変える企画術 ~崖っぷちからV字回復するための40の公式~」河西智彦 著(宣伝会議

ひらかたパーク」でV6岡田准一さんの「ひらパー兄さん」を起用してV字回復を実現し、アウディの日本初3.2秒CMを発案し、
北九州の遊園地「スペースワールド」の日本一明るい閉園CM「なくなるヨ、全員集合」で来園者数を2倍にした筆者が、
自らが手がけた3つのV字回復事例をベースに、40の企画公式を紹介。

広告制作者向けの"自己啓発本"です。ビジネス書のなかでも読みやすいジャンルの本なので若い方を中心に人気です。テレビ制作の現場は「企画」が命。ちょっとした発想が新しい見方や見せ方を生み出します。その発想をひねり出すのが一苦労。本書では"逆境"に焦点を絞ってまとめました。 

個人的に好きだったのは、大阪経済大学の「偏差値を上げる」に着目した点。広告は経営課題まで切り込んで考えるべきだというのを考えるきっかけにもなるし、たかが広告かもしれないが、広告が人に与える影響力の大きさと事前のマーケティングさえしっかりしていれば、最小の費用で課題解決が出来る好例だと思う。

40の企画公式を暗記する必要はなく、頭の隅に置いておくことが大切のようです。ふとしたきっかけがもとで、手にした素材と素材が化学反応をおこして企画になることがあります。その化学反応に勢いを与えてくれるのが頭の隅に置いていた自己啓発のことばだと思います。

 

新悪魔が憐れむ歌

f:id:tanazashi:20171013170303p:plain

 

「新悪魔が憐れむ歌」高橋 ヨシキ 著(洋泉社

サタニスト*1映画評論家が贈る、衝撃の映画論集、第三弾!
ツイン・ピークス』の謎の根源に迫り、『マッドマックス/怒りのデス・ロード』監督に肉薄し、
50年代のアメリカ・ポップアイコン"ヴァンパイラ"の過激で薄幸な人生を描く。
アメコミ・アクションだらけになってしまったハリウッド映画に矢を放ち、
イタリア人喰い族映画を総括し、暗黒映画の復権を宣言する挑発的書物!

店舗面積に比較してかなり充実している映画コーナー。配架している書籍の半分以上は映像制作の手引きが占めています。次に多いのが映像評論関係の本。最近よく動くのが洋泉社の出版物です。評論の視点や論調が適格かつ鋭いところが関係者の関心を捉えて放さないのでしょう。

高橋ヨシキさんの著作は安定して売れる鉄板商品。ツインピークスの放送開始に合わせたように世に出たのが「新悪魔が憐れむ歌」です。ツインピークスにはじまりツインピークスに終わる著者の筆先は、欺瞞の裏側にある真実を追い求める姿勢に貫かれています。おかげさまで残部僅少となりました。

 

*1:人間の肉欲的自己を是認することを使命とする団体「悪魔教会」 (英: The Church of Satan)の活動に参加したり集会に出席した者