本屋は燃えているか

ブックストアの定点観測

健康格差

f:id:tanazashi:20170921175602p:plain

 

「健康格差」マイケル・マーモット 著(日本評論社

健康は所得だけではなく教育や環境などの社会的要因(SDH)で決まる。そのエビデンスと処方箋を第一人者がユーモアたっぷりに紹介。

格差社会の何が問題かというと、格差を放置しておくといつかその報いは自分に返ってくるからです。一人勝ちを放置したままの社会は、いずれ誰もが不安を抱えることになるのです。

東南アジアや中南米、イギリスやアメリカなどは極端な貧富の差を抱えています。外国旅行の経験がある人はわかると思いますが、それは日本どころの比ではありません。

貧富の格差を目の当たりにした時、相当のショックを受けました。しかし、現地に滞在するうちにその現実が当たり前のように思えてきます。非日常の生活が日常のように見えている社会は所得格差が生み出した産物なのです。

こうした所得格差の大きい地域に住んでいる人には不健康な人が多いことが様々なデータでもあきらかです。

教育年数が短い人は、教育年数が長い人より死亡リスクが約 1.5 倍高く、所得が少ない人は所得が多い人より死亡リスクが2 倍近く高いという話です。

格差は他者への不満や不信を呼び覚まし、自身もストレスを抱えることになります。安心できない社会では、効率が落ち、犯罪も増えます。

社会階層の下層、中間層だけでなく、高階層の人々の健康も危機にさらされます。これを「ソーシャル・キャピタルの仮説」と言うのだそうですが、さながらドミノ倒しのようなことが格差社会では起きやすくなるのです。

格差のない社会をつくることは理想ですが、実現は困難であることは歴史が証明しています。しかし、健康の社会的格差を減らすことは出来そうな気がします。

 

健康格差

健康格差

 

 

ケーキツアー入門   おいしいケーキ食べ歩きのススメ

「好きこそ物の上手なれ」ということわざがまさに当てはまるのが

ブロガー発の出版物の人気ぶりです。

f:id:tanazashi:20170920155041j:plain

 

「ケーキツアー入門   おいしいケーキ食べ歩きのススメ」Nyao 著(青弓社

200万PVを誇る人気スイーツブロガー・Nyaoが、これまでに食べた3,000個のケーキへの愛を込めた誰もが楽しめる新しい食べ歩きスタイルを提案! ケーキツアーマップやケーキの基礎知識、首都圏のオススメケーキ店なども収めた、主観的で批評性があるガイド。

ツイッター発の本が相次いで出版される背景には出版社側の台所事情があるといわれます。本屋の世界はご存知のように再販制度で成り立っています。ここでは売れない本は三カ月程度で回収されます。出版社は自転車操業のような状態で本をだしつづけなくてはなりません。回収した本の穴を埋めるため次なる書き手を探して出版を続けないと版元は経営的になりたたないからです。

出版側の事情を感じる本の中で、この本が注目されたのはネット上の評価があることは間違いありません。誰しもが心の中で感じていたおいしいケーキを食べたいという要求を、著者が実際に行って食べて語ってくれたわけです。著者の味覚が自分の感性と少しばかり違っていたもそれはなんら問題ありません。自分の足を使い身銭を切った立場だからこそ持つ強い説得力が記事から漂ってきます。

味覚という主観と、店まで足で歩いて行ったという客観がほどよく混じり合った情報だからこそ、読者は新鮮な共感を覚えるのかも知れません。

 

接待の手土産

朝から晩まで本を相手にしている書店員は、

人様を接待をすることも、受けることもともに縁が無い生活を送っています。

しかし、おいしいお菓子やお土産の情報が載っている本を聞かれることがあります。

困ったなと思っていたところ、強い援軍がやってきました。

f:id:tanazashi:20170920150256j:plain

 

「接待の手土産」ぐるなび「こちら秘書室」編集室 (日本経済新聞出版社

接待・ビジネス使いに適した、センスのよい手みやげ約300品を実際の秘書が選んで品評したガイドブック。手土産は、ビジネスの重要な円滑油となるもの。特選商品には「男性向け」「女性向け」「高齢者向け」「外国人向け」といった渡す相手別のアイコンや、「小分け包装」「日持ちよし」「わざわざ感あり」「食通向き」「有名店(わかりやすい)」といった、秘書の意見を取り入れた商品特性アイコンも加えて、実用的な情報を盛り込む。秘書業務をおこなっている方だけでなく、総務、営業など幅広い業種の人にも役立つ1冊。

この手の本はスイーツ評論家とか、タレント推薦といった選者によるものが多く出回っています。しかし、その手の本は仲間内の楽しみであり、かしこまった席で使える本はあまり見当たりません。デパートや専門店のガイドといった売る側の意図が強い本ばかりでは意外性も発見もありません。

その隙間を見つけ出したのがこの本です。目から鱗だったのが、秘書の眼力を主役に据えたこと。接待の場に立ち会う第三者を見つけ出してきた発想力は新鮮でした。

日頃、関係先との付き合いが多い役員層の世話を焼くのが秘書の仕事。選び方一つで、こちらの気配りや本音を相手に知らせることができる手みやげは、あなどれないコミュニケーションツールだからです。

どんな品物が載っているかというと・・・情報源はこちらのサイトから

【接待の手土産】秘書が選んだ至極の逸品

全国の秘書の口コミに近い意見をまとめたところに、ある種の信頼感と安心感。すこしばかりの切実感を感じることができます。

店頭に並べたところ、早速問い合わせがありました。

贈り物選びの問い合わせにはこの本を奨めよう。書店員の持つ隠し球が一つ増えました。

眩(くらら)

ドラマとの比較が楽しみな原作本です。

f:id:tanazashi:20170906175302j:plain

 

「眩(くらら)」浅井まかて 著(新潮社)

偉大すぎる父・北斎、兄弟子・渓斎英泉への叶わぬ恋、北斎の名を利用し悪事を重ねる甥―人生にまつわる面倒ごとも、ひとたび筆を握れば全て消え去る。北斎の右腕として風景画から春画までをこなす一方、自分だけの光と色を終生追い続けた女絵師・応為。自問自答する二十代から、傑作「吉原格子先之図」に到る六十代までを、圧倒的リアリティで描き出す。

天才画家・北斎を陰で支えつつ、晩年には独自の画風にたどり着いた北斎の娘・葛飾応為「お栄」。彼女の半生を綴った、直木賞作家・朝井まかて氏の小説『眩』のドラマが放送されます。

原作では絵を描くことに集中するあまり身の回りには無頓着だった彼女の人間像や、北斎の名前を使って放蕩三昧を繰り返す甥の存在などが克明に書かれています。ノンフィクションに近いリアルな描写が印象的でした。

放送関係者とくに美術担当者にとっては情報はあるにこした事は無くドラマ化しがいのある原作だったのではないでしょうか。

 

 

f:id:tanazashi:20170906175424j:plain

2017秋のドラマ原作本はこれだ

秋の番組改編まであとわずか。

テレビドラマの原作となった本が続々店頭に登場しています。

 

f:id:tanazashi:20170911101231j:plain

 

中には放送局から出版社に原作本の情報が流れない場合もあります。

出版社は独自にドラマの情報を探して、宣伝用のオビを作るのですが、オビが書店に到着するのは、タイミング的にぎりぎりの場合があります。

書店に届いたオビは書店員が時間をやり繰りして差し替えます。

このとき在庫が切れかけている本は追加発注して商品を切らさないよう注意します。

原作本のあるテレビの視聴率は何となく気になりますが、原作本のないドラマは全然気にならないから現金なものです。

原作本あり

プレミアムドラマ 男の操

2017年11月12日(日)スタート

主人公は売れない演歌歌手。
男手ひとつで娘を養い、営業に苦戦する毎日。
でも、その顔はいつも明るい。
亡き妻に約束した「いつか紅白歌合戦に出場する!」という夢があるから…!

www.nhk.or.jp

ドラマ10 マチ工場のオンナ

2017年11月10日(金)スタート

32歳の専業主婦が、父の残した町工場の社長に!
経験ゼロの社長業に、主婦目線の現実処理能力と決断力で
奮闘する、サバイバルヒューマンドラマ!

www.nhk.or.jp

BS時代劇 赤ひげ

2017年11月3日スタート

黒澤明監督のあの名作映画「赤ひげ」の原作
山本周五郎の傑作小説「赤ひげ診療譚」を連続ドラマ化!

山女日記 ~山フェスに行こう/アルプスの女王~

「山フェスに行こう~常念岳
BSプレミアム 2017年10月29日(日)よる10時から10時49分
「アルプスの女王~燕岳」
BSプレミアム 2017年11月5日(日)よる10時から10時49分
湊かなえさんの短編をモチーフに、山フェスで“アルプスの女王ツアー”に参加するワケあり登山者たちと、ガイド・柚月の新たな愛の行方を千紫万紅(せんしばんこう)の絶景とともに描きます。

刑事ゆがみ

2017年10月12日スタート

「犯罪者の心を読める天才偏屈刑事」と「正義感強い真面目刑事」の凸凹バディが難事件を解決する刑事ドラマ。

コウノドリ(2期)

2017年10月13日スタート

原作は講談社「モーニング」で現在も人気連載中の鈴ノ木ユウが描く同名のヒューマン医療漫画。

アシガール

 

脚力だけがとりえの女子高生が、戦国時代にタイムスリップ。愛する若君を守るため、足軽となって戦場を駆ける。

精霊の守り人Ⅲ 最終章

2017年11月から(全9回)

再び共に旅することになった女用心棒バルサと皇太子チャグム。
バルサは、カンバル王国の奥深く潜んでいた陰謀を暴いていく。
そして、新ヨゴ国を狙うタルシュ帝国の攻撃にチャグムが立ち上がる。
大地が揺れ天変地異が起こる。金の鳥が空を舞う―。

 

陸王

2017年10月期

今からあなたを脅迫します

2017年10月15日スタート

ある日、突然「脅迫屋」をなのる人物から、脅迫された女子大学生・金坂澪。「まって ください、わたし、人違いなんですけど!!」。困っている人を放っておけない性格から 巻き込まれ、気づけば共犯に!?

www.ntv.co.jp

 

 

原作なし

わろてんか

先に生まれただけの僕

オトナ高校

民衆の敵

監獄のお姫さま

相棒 season16

奥様は、取扱い注意

科捜研の女 第17シリーズ

ドクターX~外科医・大門未知子~(5期)

もし文豪たちが カップ焼きそばの作り方を書いたら

f:id:tanazashi:20170907170036p:plain

 

「もし文豪たちが カップ焼きそばの作り方を書いたら」神田桂一、菊池良 著(宝島社)

もしも村上春樹がカップ焼きそばの容器にある「作り方」を書いたら―

ツイッターで発信され、ネット上で大拡散されたあのネタが、太宰治三島由紀夫夏目漱石といった文豪から、
星野源小沢健二らミュージシャンまで、100パターンの文体にパワーアップして書籍化されました。
読めば爆笑必至の文体模倣100連発。

f:id:tanazashi:20170907170114p:plain

さらにイラストは、手塚治虫をはじめとした有名漫画家の模倣を得意とするマンガ家・田中圭一氏の描き下ろしです!

 

文体の模写にかぎらず、パロディは作る側に相当の蓄積がないとを読者をうならすことはできません。するどい観察眼というものかもしれません。
わっはっはと楽しみながら読み切った後感じたのは、著者(本書の場合は複数)が読み込んだであろう読書体験の奥深さでした。

f:id:tanazashi:20170907170045p:plain
ともかく読んでいないと書けない。
特徴を捉えたように見える表現の面白さもさることながら、
人格がにじみ出てくるような表現はなかなかの力量です。

f:id:tanazashi:20170907170055p:plain
文学部系の素養はありませんが、本書の巻頭言に書かれているような「軽く読んではははと笑って、ページを閉じたときすべて忘れれるような本」と読み飛ばすわけにはいかないオーラを感じさせる本です。

f:id:tanazashi:20170907170104p:plain

 

マンガ 自営業の老後

f:id:tanazashi:20170829122433j:plain

 

「マンガ 自営業の老後」上田惣子 著(文響社)

http://www.rhythmoon.com/interview/uploads/images/201705_ueda_3_1.jpg

フリーランスとして働く作者が老後に備えて生涯収支を見直したエッセイです。9刷、Amazon会社部門第1位という広告に世相が映し出しているような気になります。

「え? 個人事業主の老後ってやばくないですか! ! 」
こんな会話から始まった本書の企画。
専門家や先輩に、恥をしのんで教えをこい、取材のたびに寝込むほどショックを受けつつも、 教わったことを一生懸命実践していった著者の上田惣子さん。 53歳のイラストレーターの焦りと不安にまみれた「老後不安脱出ルポ」は、 相当おもしろく、胸に迫るものがあります。お金まわりがニガテな上田さんだからこそ書けた税金や保険の知識、必読です! (編集担当)

会社員の生活では、年金や税金のことを深刻に考えないですみます。いざ老後の生活設計を考える事態に直面して狼狽する人も少なくないと思います。私もその一人。自分の貰う年金がいったいいつから、どれだけ貰えるか最近までわかりませんでした。

保険にしても同じで、子育てが終了間際なのにもかかわらず「死亡保険」に入り続けることの無意味さも自分で調べてスッキリ解約することができました。

http://sims-lab.com/wp-content/uploads/2017/04/IMG_0110.jpg

はじめは「それは勉強しなかった自分が悪いせい」と自分を責めました。よくよく考えると制度の内容が複雑すぎること、加えて説明にしても万人向けに書かれているため、自分の場合どうなのかという知りたい部分がわからない。つまりサービスがなっていないということもわかってきました。(「年金」という単語一つにしても"制度名"や”商品名"が一緒に扱われています。これを素人が理解できるわけがない)

 

本書は、年金未納(これはまずい)と住宅購入(キリギリスのような生活)というバッシングのタネを抱えながら、老後の生活設計を一から立て直す過程を描く体験リポートです。ある程度生活設計を立てている人から見ると実用性も共感度も低く見えてしまいますが、基礎的な知識にかけている人には参考になると思います。

放送局にはフリーランスの人たちが出入りしますが、この本を読むと彼らは大丈夫か、老後のことを考えているのかととてもお節介な気分が心にわき上がってきます。 

核にあるのはフリーランスのクリエイターが「もう自分は必要とされていないのでは」という社会的承認の不安感 

が描けているからかもしれません。

知り合いのファイナンシャルプランナーに聞いたところ「制度は自己責任だから」と言われました。自己責任ということは「説明はしたよ。(わからないところがあってもそれは君の責任だからね)」ということです。会社であれば近くに事情通がいて教えてくれますが、そうでない人は著者のようないい加減な生活を送る羽目になります。無知の知を知るとはこういうことなのかと思わざるを得ません。

アマゾン評より読書メーターの評の方が的を得ているように思います。

bookmeter.com

 

「健康で笑顔で働けるところまでは働く」というのが当たり前のようですが、最も優れた老後資金対策なのかもしれません。

 

自分を取り巻く状況がおぼろげながらわかったところで読みたい本はこちら。

フリーランスの教科書」見田村元宣、内海正人 著(講談社

フリーランスの人の相談に乗る形で、税理士と社会保険労務士がわかりやすく解説している本です。