読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本屋は燃えているか

ブックストアの定点観測

辻山良雄さんが薦める新刊

選書

新しい本に出会うには、信頼できる選者が薦める本を手に取るのが早道です。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/tanazashi/20161010/20161010204344.jpg

 

大型書店「リブロ池袋本店」の元統括マネージャー。同店閉店後に退職し、荻窪に「Title」という自分の店を開いた辻山良雄さんが薦める本です。

http://www.aoyamabc.jp/wp-content/uploads/2016/06/bookstore2-main1.jpg

死にカタログ寄藤文平 著(大和書房)

あなたにとって
いちばん未来の話じゃないか。

死んだらコオロギになる。そう信じる人々がいる。
あばくのでもなく、かくすのでもなく、
寄藤文平が描いた等身大の死のカタチ。
「死ぬってなに?」
素朴な疑問を、絵で考えた新しい「死の本」。 

死にカタログ(だいわ文庫 D 339-1)

死にカタログ(だいわ文庫 D 339-1)

 

 

 

「バンド臨終図巻 ビートルズからSMAPまで」速水健朗 著(文藝春秋

あなたが好きだったあのバンドはなぜ解散したのか?

カネの分配、ドラッグ、メンバーの死、女性関係、そしておなじみの「音楽性の違い」。ときにはマネージャーが暴走し、メンバーが殴り合い、美しい解散宣言もあれば、泥沼の裁判沙汰に至ることも。ビートルズからSMAPまで、古今東西のバンド191の死にざまを網羅する音楽ファン悶絶必至&阿鼻叫喚の大著!

古きよきロックはもちろん、ソウルもJ-POPも、メタルもパンクも渋谷系も、アイドルにフォークにプログレシューゲイザーまで、古今東西の音楽ジャンルを横断。X JAPANスコーピオンズなど「臨終」から不死鳥のごとく甦ったバンドも収録。SMAPFUNKY MONKEY BABYSgirl next doorモーターヘッドなどを追加。Hi-STANDARDの16 年ぶりのシングルリリース、ABBA再結成ツアー敢行、嗣永桃子 芸能界引退発表など最新情報も。

あのバンド、このバンドの「死因」が一目瞭然:メンバーの死(T・レックス、カーペンターズほか)、メンバーの逮捕(カルチャー・クラブ)、メンバーの離婚(ABBA)、マネージャー(ザ・クラッシュデスティニーズ・チャイルドほか)、成功による重圧(イーグルスニルヴァーナほか)、兄弟げんか(オアシス)、公約通りの解散(横浜銀蝿)……

 

「イベリコ豚を買いに」野地 秩嘉 著(小学館

謎だらけのイベリコ豚を追ってスペインへ!

「本当にどんぐりを食べているのか?」「イベリコという町はどこにあるのか?」「安売りセール肉は本物か?」……。
レストラン、スペインバルはもとより、今やコンビニ、回転寿司でもごく普通に売っているイベリコ豚。高級食材として知られているはずのものが、いまや日本全国で手に入るのはなぜか?そもそも、イベリコ豚はそんなに沢山いるのだろうか?

http://www.rakuten.ne.jp/gold/hi-syokuzaishitu/contents/ibericofaq/img/ibericogazou

著者はそんな素朴な疑問をいだき、取材を始めた。日本人が知らないイベリコ豚の「真実」を明らかにすべくスペインを目指した著者。幾多の困難を乗り越え、現地に辿り着いた著者を待っていたのは、驚きの連続だった。……。
ローマ時代の遙か昔からスペインで幻の豚を守り育ててきた熱き男たち。そして素晴らしい生ハム作りに命を捧げる職人たちとその家族のドラマを紡ぎながら、知られざるイベリコ豚の生態、そして食肉流通事情を解き明かしていく。さらになりゆきでハム作りにも携わることになり……。
多様なジャンルをテーマに、多くの傑作ノンフィクションを世に出してきた著者がスペインと日本を舞台に描く、読み応えのある食ノンフィクション。 

イベリコ豚を買いに (小学館文庫)

イベリコ豚を買いに (小学館文庫)