読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本屋は燃えているか

ブックストアの定点観測

2017年春ドラマの原作本(NHK)

2017年春のNHKドラマ。4月・5月から計8本がスタートします。f:id:tanazashi:20170403171854j:plain

 

コミック発のドラマが最近目立ちますが、8本のうち6本が活字由来のドラマです。 

 

「99.9-刑事専門弁護士-」宇田学 著(扶桑社)

土曜ドラマ 「4号警備」原作本
窪田正孝×北村一輝のコンビで贈る、アクションあり、ユーモアあり、それでいてハードな問題提起とディープな感動を呼び起こす、本格ドラマ!!
トーカー、部下や同僚による逆恨み、子どもの連れ去り…有名人やVIPでなくとも、いつ誰から狙われ、脅迫されるか分からない現代。そんな思わぬ危機に見舞われた“普通の人々”を守ってくれるのは、民間警備会社の“普通の警備員たち”だ。警察のSPではないため、逮捕権限もなければ拳銃も持たない。でも、クライアントのためなら24時間態勢で、時には身を挺(てい)してでも、命がけで守り抜く。
そんな彼らの仕事を、この業界ではこう呼ぶ。「4号警備」――。

宇田学「ボーダーライン」「99.9-刑事専門弁護士-」が原作。 

99.9-刑事専門弁護士-(上)

99.9-刑事専門弁護士-(上)

 
99.9-刑事専門弁護士-(下)

99.9-刑事専門弁護士-(下)

 

f:id:tanazashi:20170403172207j:plain

 

「ツバキ文具店」小川糸 著(幻冬舎

ドラマ10 「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」 原作本

伝えたい思い、ありませんか? その手紙、あなたに代わって書きます―。2017年4月のドラマ10は、古都鎌倉が舞台。手紙を書くことを生業(なりわい)とする、若い女性のみずみずしい成長の物語をお届けします。
原作の小川糸さん著「ツバキ文具店」は、2017年本屋大賞ノミネートのベストセラー。主人公の鳩子を演じるのは、NHKの連続ドラマは、連続テレビ小説「つばさ」以来となる多部未華子さん。主題歌「コトノハ」は、実力派シンガー・絢香さんによる書き下ろしです。
時間も空間も越えて紡がれる、愛に満ちた言葉の数々。大切な人に手紙を書きたくなるドラマです!

ツバキ文具店

ツバキ文具店

 

「八朔の雪」高田郁 著(角川春樹事務所)

土曜時代ドラマ 「みをつくし料理帖」原作本  

平成29年度、NHK土曜時代劇は「土曜時代ドラマ」としてリニューアルします。
その第1シリーズでは、江戸の人情と笑い、そして毎回クライマックスで登場する澪の創作江戸料理をたっぷりとお楽しみいただきます。

八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)

八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)

 

神田御台所町で江戸の人々には馴染みの薄い上方料理を出す「つる家」。店を任され、調理場で腕を振るう澪は、故郷の大坂で、少女の頃に水害で両親を失い、天涯孤独の身であった。大坂と江戸の味の違いに戸惑いながらも、天性の味覚と負けん気で、日々研鑽を重ねる澪。しかし、そんなある日、彼女の腕を妬み、名料理屋「登龍楼」が非道な妨害をしかけてきたが・・・・・。料理だけが自分の仕合わせへの道筋と定めた澪の奮闘と、それを囲む人々の人情が織りなす、連作時代小説の傑作ここに誕生!

「PTAグランパ! 」中澤日菜子 著(KADOKAWA

プレミアムドラマ 「PTAグランパ!」原作本

http://todaystopicks.com/wp-content/uploads/2017/04/topimage_sp.jpg

松平健主演。仕事人間のグランパがのめり込んだのは、PTA! 松平健演じる武曾勤(むそつとむ)は、家事も子育てもノータッチだった「ザ・仕事中心世代」。高度経済成長・バブル・混沌を極める今に至るまで、生涯にわたって会社で勤めあげた、誇り高き熱血漢であり仕事人間です。その勤が、リタイアしてから「かわいい孫のため」にとのめり込んだ世界が“Parent Teacher Association”、いわゆる『PTA』だったのです…!

PTAグランパ! (角川文庫)

PTAグランパ! (角川文庫)

 

 

「この世にたやすい仕事はない」津村記久子 著(日本経済新聞出版社

BSプレミアムほか「この世にたやすい仕事はない」原作本

「仕事」、あなたは世にも奇妙で、厳しい、そして愛すべきパートナー。
何事も一所懸命で、燃え尽きてしまった主人公“かすみ”に紹介されるのは、奇妙きてれつな仕事ばかり。どこかふざけたような仕事で、誰がやってもいいものだけど、まぁ、やってみますか!と始めてみた。すると、あれあれ不思議、なんだか共感できるし、えっ、これ楽しい…? どんな仕事にも、計り知れない大変さがあり、同時に計り知れない楽しさがある!
自分の仕事が、もっと愛せるようになる“お仕事ファンタジードラマ”!

この世にたやすい仕事はない

この世にたやすい仕事はない

 

「コラーゲンの抽出を見守るような仕事はありますか?」燃え尽き症候群のようになって前職を辞めた30代半ばの女性が、職業安定所でそんなふざけた条件を相談員に出すと、ある、という。そして、どんな仕事にも外からははかりしれない、ちょっと不思議な未知の世界があって―1年で、5つの異なる仕事を、まるで惑星を旅するように巡っていく連作小説。

 

「獄医立花登手控え」藤沢周平 著(講談社

BS時代劇 「立花登青春手控え2」原作本

藤沢周平没後20年の2017年、時代劇ファンの期待に応える続編を放送!
「人を知らずして医はその技を揮(ふる)えず 心を知らずしてその道を歩めず…。」
小伝馬町の若き牢医者・立花登は、正義感が強く、柔術の腕も抜群。登は、一人前の医者になるために、叔父の小牧玄庵を頼り秋田から出てきた。多感な登にとって、牢医者の務めは実に刺激的。なぜなら仕事柄、獄の内外で起こる様々な事件やそれに関係する人物と深く関わることができるからだ。
若き青年・登が、人間が持つ欲望や苦しみ・悲しみ、希望に向き合い、持ち前の正義感と柔術の力で事件を解決していく姿を、爽やかに描く「青春時代劇」の決定版です!