読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本屋は燃えているか

ブックストアの定点観測

成毛眞さん激賞 他の追随を許さない、まさに「独走」状態の一冊

万雷の拍手で迎えたい「奇書」でした

魂を揺さぶる良書

面白いだけではありません。

東京別視線さんのツイートで知った奇書がこの本。Amazon書評欄でも高い評価です。書評を寄せる人たちのコメントがみな生き生きしているのは、子どもが大好きなテーマをクソ真面目に扱っているからなのでしょう。人を選ぶ本なので、読みたい人にだけにおすすめします。

 

「ヤマケイ文庫 くう・ねる・のぐそ 自然に「愛」のお返しを」伊沢正名 著(山と渓谷社 

21世紀の奇書誕生!
意識的野糞を始めて35年。
元菌類写真家・伊沢正名氏は、糞土師(ふんどし)として、連続野糞記録3000日、のべ1万回以上の大記録を樹立した。

一見、奇行とも思えるその行為の背景には、食べることばかり関心をもち、排泄物には興味を持たない、表層的エコロジーブームへの強烈なアンチテーゼがあった。

 「表層的エコロジーブーム」と突きつけられると、ぐうのねも出せなくなります。子どものような純粋さでこの問題と正面から、愚直に付き合ったのが著者のすごいところです。 

成毛眞:本書は、おそらく世界中を見ても類書がまったくない、唯一無二の本。そのテーマからして他の追随を許さない、まさに「独走」状態の一冊だよね。であるからして、この本の最後に誰かがしたり顔して何か付け加えたって、蛇足もいいところで、むしろ本書の価値を落とすばかりだと思うんだ。そこで、われわれHONZが愛するこの世にも稀なる作品をせめて応援させてもらうため、代表と編集長による、おそらく本邦初の「対談式文庫解説」を敢行したいというわけです。伝説の奇書『くう・ねる・のぐそ』文庫化記念! 対談式文庫解説 - HONZ