読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本屋は燃えているか

ブックストアの定点観測

週間ベスト10

文芸書部門のランキングです。 

f:id:tanazashi:20160214112053j:plain

福岡・丸善博多店調べ(2016年12月24日~31日)

 

1「ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版」J.K.ローリング 著(静山社) 

【Amazon.co.jp限定】 ホグワーツMAP付き ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版 (ハリー・ポッターシリーズ)

【Amazon.co.jp限定】 ホグワーツMAP付き ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版 (ハリー・ポッターシリーズ)

 

 

2「えんとつ町のプペル」にしのあきひろ 著(幻冬舎

ペン一本で描いたモノクロ絵本で世界を圧倒したキンコン西野が、業界の常識を覆す完全分業制によるオールカラー絵本!

えんとつ町のプペル

えんとつ町のプペル

 

30人以上のイラストレーター、クリエィターと分業で制作した本です。煙突だらけの街を舞台にした物語。昨年10月刊行で発行部数は23万部を突破。

3「コンビニ人間」村田沙耶香 著(文藝春秋

36歳未婚女性、古倉恵子。大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、そんなコンビニ的生き方は恥ずかしいと突きつけられるが…。「普通」とは何か?現代の実存を軽やかに問う衝撃作。第155回芥川賞受賞。

コンビニ人間

コンビニ人間

 

 

4「鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン! 2」鴻池剛*1 著(KADOKAWA

気ままな猫のぽんたに振り回されっぱなしの剛がある日拾ったのは病気の子猫。しかし、あっという間にぽんた顔負けのヤンチャ猫に成長!? 触れ合わない、なつかない、やっぱり翻弄されつづける剛と猫の怒涛の毎日!

鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン! 2

鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン! 2

 

第1回次にくるマンガ大賞 Webマンガ部門」第2位! ! ツイッター上で今いちばん熱い視線をあびる猫漫画です。シリーズ累計50万部。

5「よるのばけもの」住野よる 著(双葉社

夜になると、僕は化け物になる。化け物になった僕は、夜の学校で、ひとりぼっちの少女と出会う―

よるのばけもの

よるのばけもの

 

 

6「マチネの終わりに」平野啓一郎 著(毎日新聞出版)

天才ギタリストの蒔野(38)と通信社記者の洋子(40)。
深く愛し合いながら一緒になることが許されない二人が、再び巡り逢う日はやってくるのか――。

出会った瞬間から強く惹かれ合った蒔野と洋子。しかし、洋子には婚約者がいた。
スランプに陥りもがく蒔野。人知れず体の不調に苦しむ洋子。
やがて、蒔野と洋子の間にすれ違いが生じ、ついに二人の関係は途絶えてしまうが……。芥川賞作家が贈る、至高の恋愛小説。

マチネの終わりに

マチネの終わりに

 

 

7「君の膵臓をたべたい」住野よる 著(双葉社) 

君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい

 

 

8「九十歳。何がめでたい」佐藤愛子 著(小学館) 

九十歳。何がめでたい

九十歳。何がめでたい

 

 

9「i(アイ)」西加奈子 著(ポプラ社

「この世界にアイは存在しません。」入学式の翌日、数学教師は言った。ひとりだけ、え、と声を出した。ワイルド曽田アイ。その言葉は、アイに衝撃を与え、彼女の胸に居座り続けることになる。ある「奇跡」が起こるまでは―。「想うこと」で生まれる圧倒的な強さと優しさ―直木賞作家・西加奈子の渾身の「叫び」に心揺さぶられる傑作長編!

i(アイ)

i(アイ)

 

 シリアに生まれ、庸氏となって日本で暮らす少女の成長を描く。

10「三鬼 三島屋変調百物語四之続」宮部みゆき 著(日本経済新聞出版社

江戸の洒落者たちに人気の袋物屋、神田の三島屋は“お嬢さん”のおちかが一度に一人の語り手を招き入れての変わり百物語も評判だ。訪れる客は、村でただ一人お化けを見たという百姓の娘に、夏場はそっくり休業する絶品の弁当屋、山陰の小藩の元江戸家老、心の時を十四歳で止めた老婆。亡者、憑き神、家の守り神、とあの世やあやかしの者を通して、せつない話、こわい話、悲しい話を語り出す。「もう、胸を塞ぐものはない」それぞれの身の処し方に感じ入る、聞き手のおちかの身にもやがて、心ゆれる出来事が…。日経朝刊連載「迷いの旅篭」、待望の単行本化!

三鬼 三島屋変調百物語四之続
 

 

 

*1:2001年頃から自らのサイトで絵日記を連載。2010年頃からオモコロなどに漫画を描き始め、2015年「コミックフラッパー」5月号から『ヒモメン』の連載を開始する。同年10月には、第2回「次にくるマンガ大賞」で「本にして欲しいWebマンガ部門」第2位となった自サイト「ウッドブック」とtwitterで発表されたエッセイ漫画の中から、愛猫「ぽんた」について描かれたエピソードに、描き下ろし分を加えた単行本『鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン! 』が刊行された